埋没毛対策に効果的!肌にやさしい光脱毛の仕組み

d8215e9d725943ed519fa7ad62f3a734_s

セルフケアによる怖い肌トラブル

ムダ毛に悩み、毎日お風呂でセルフケアしているという女性は多いでしょう。
しかし、抜いても剃っても、ムダ毛は際限なく次々と生えてきます。
少しでも効果を長持ちさせようとして、毛の流れに逆らって剃る逆剃りをしたり、毛抜きを使って強い力で無理矢理に抜いたりといったことを続けていると、乾燥から来る肌荒れを招くだけではなく、埋没毛も引き起こしかねません。

埋没毛は放っておくと色素沈着を起こし、黒ずみなどとなって残ってしまうこともありますので、甘く考えてはいけないのです。

埋没毛とは

では、埋没毛とはどのような状態のことで、なぜ起こるのでしょう。
体毛は普通、毛穴から生えていますが、この毛穴から皮膚の表面に顔を出すことが出来ずに、皮膚内で成長してしまう毛が埋没毛です。
皮膚のすぐ下で伸び、目視で確認できるケースもよくあります。

原因として考えられるのは、やはりムダ毛のセルフケアによるもので、カミソリなどで皮膚を傷つけてしまい、カサブタで毛穴が塞がれたことだったり、先が削がれて鋭利になった毛先が皮膚内に侵入し、そのまま成長してしまうことなどが考えられます。

皮膚内ですので、見えていたとしても処理するためには針などを用いて皮膚を傷つけ、埋没毛を引っ張り出さねばなりません。
肌にとって良くないことは火を見るよりも明らかでしょう。

将来の自分にキレイな肌を残すためには

セルフケアは手軽なところが魅力ですが、デメリットも非常に多くなります。

将来の自分の肌のことを考えるなら、ムダ毛処理はプロの手にお任せするのがベターでしょう。

最近では、脱毛だけに特化したサロンも多くなってきました。
そのようなサロンで主流となっている施術方法が、光脱毛です。
施術時間が短く、リーズナブルであるのに効果は高いとして、若い女性を中心に受けています。

光脱毛は、皮膚よりも黒い毛のメラニンに反応する強い光を利用して毛根にダメージを与え、ムダ毛の再生を阻害するという仕組みです。
ちょうどバーコードの読み取り機のような形状をしており、それを施術箇所に当てると、電子音と共に強烈な光が照射され毛根を焼いていきます。
これを繰り返していくことで、カミソリで処理を行う必要がなくなり肌への刺激が減るため、埋没毛がなくなっていくのです。

皮膚を傷つけずに効果的な脱毛法

痛みなどの刺激を心配する方も多いですが、痛みがあったとしても一瞬ですので、我慢できないほどではないでしょう。
ただし、施術箇所や毛の生え方によっては、痛みを訴える方もいます。
そんな時は、遠慮なくスタッフに申告することで、照射レベルを下げるなど調節をしてくれるので、ご自身の肌状況に応じてくれるといったメリットがあります。
施術後は冷却剤などを使って、痛みを和らげる工夫もしてくれるので安心です。
光脱毛は針などを使いませんので、皮膚を傷つけることはありません。
何度か通って少しずつ処理していくので、お肌の負担も軽くて済むでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ