乾燥とムダ毛のダブルパンチを回避!

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s

乾燥肌は自己処理のせいかも!?

常に若さと美しさを目指す女性にとって、お肌の二大悩みといえばムダ毛とお肌の乾燥ではないでしょうか。
お肌の乾燥は加齢や日焼け、スキンケア不足、不規則な生活など様々な原因で起こりますが、実はムダ毛の自己処理によっても促進されてしまうことがあります。

たとえば、自己処理方法として代表的なカミソリの場合、肌にカミソリをあてることでムダ毛だけでなくお肌の表面も剃ってしまいます。
目に見えるキズや出血がなくても、お肌の表面が削られてしまい、肌表面がデコボコと荒れてしまうのです。
お肌のケアを十分にしなければ、肌はどんどん荒れて砂漠地帯となり乾燥は酷くなる一方なのです。

なぜムダ毛処理で乾燥肌になるの?

毛抜きの場合は毛穴に大きな刺激と負担が加わるため、一層肌ダメージは深刻になります。
家庭用脱毛器やシェーバーについても、肌に刃が直接当たることに変わりはなく、ムダ毛を処理しながら肌に負担をかけるというダブルパンチを与えています。

刺激や負担に耐えざるを得ない肌は抵抗力が減少し、肌の表面を削られて、健康な肌が持つバリア機能も低下していきます。
それによって紫外線などの影響も一層受けやすくなり、どんどん乾燥と老化が進んでしまうのです。

お肌のダメージを抑えるのは大変だからこそ

自己処理による肌ダメージのリスクを少しでも軽減するには、処理前と処理後のケアが必要不可欠です。
たとえば、傷ついた素肌から細菌が入らないようお肌を清潔にし、カミソリも清潔なまっさらなものを使用しなければなりません。

蒸しタオルなどで肌を柔らかくしてから、石けんの泡やシェービングクリームをたっぷり使って傷がつかないよう慎重に処理します。
処理後は素肌に赤みがあれば冷やした後、刺激の少ないローションやクリームをつけてたっぷりと保湿をしなければなりません。
このようなケアを、ムダ毛が生えてくるたびに毎回行う必要があるのです。

光脱毛なら乾燥を防ぐだけじゃない

処理前や処理後のケアに自信がないあなたの肌を、乾燥知らずの健やかに保つためには、光脱毛サロンでプロの施術を受けることをおすすめします。

光を用いた脱毛法にも様々なタイプがありますが、光脱毛は光の強いレーザーに比べても皮膚表面へのダメージや熱の痛みが最小限に抑えられており、肌が弱い方でダメージが少ない、安心で安全な脱毛技術です。

肌ケアもばっちり行ってくれ、施術前のジェルでの保護や肌に鎮静と潤いを与えるトリートメントパックを受けることができます。
光の照射とトリートメント効果により若返り効果が促進され、お肌のターンオーバーを回復して潤いを取戻し、キメの整った健康的な肌へと導いてくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ